アフターピルを飲む上で大事な時間縛りって効果に影響あるの?

アフターピルの種類や効果などの詳細

望まない妊娠の時に必要な緊急避妊ピルは、使用法や種類で効果率が違うのと相性があるのはご存知でしょうか。

ピルと避妊を目的とした飲み薬で、日本では産婦人科で医師による処方が必要となっています。
効果は毎日同じ時間に飲み忘れなく服用していく事で確実となります。
女性の意思で避妊を選択する事が可能となる医薬品だと言えるでしょう。

まず、ピルには低用量ピルと中・高用量ピルがあり、目的に応じて種類や作用が異なります。
低用量ピルについては、ピルの中でも副作用が比較的に少ない、安全な医薬品になります。
避妊効果だけではなく、生理痛の減少、出血の減少、生理不順が定期的となる目的としてメリットがあります。
産婦人科で処方される、代表的な医薬品の種類は「マーベロン」「トリキュラー」となります。


中・高用量ピルに関しては低用量ピルと同様の目的となり、避妊目的と月経の調整となります。
中・高用量の特徴は1錠あたりのエストロゲンの量が50~150?と有量が多いのが特徴です。
避妊ピルとして日本で初めて開発されました医薬品になり、性腺刺激ホルモンの分泌を抑え、排卵を止める目的になります。
低用量ピルより効果は高いが、副作用に関しては体質や体調でだるさ、頭痛、胸の張り、めまいの症状が出ます。
避妊対策はパートナーにも協力してもらい、性行為の際には、必ず避妊器具使用をお勧めします。

性行為際に避妊器具のコンドームが破けた、パートナーが避妊器具を嫌がる、コンドームがすれて痛いなどで、性行為後に緊急避妊薬が必要となった方は、72時間以内に1回1錠服用で避妊効果が期待できる、アイピル(アフターピル)の使用をお勧めします。
アイピル(アフターピル)はノルボのジェネリック医薬品となり、アフターピルとなります。
アイピルの特徴は毎日服用しなくてよい、72時間以内に1錠服用で99パーセント避妊効果が期待できる医薬品になります。
24時間以内ですと、88パーセンント避妊効果となりますので、早い対策が必要となります。
有効成分レボノルゲストレルは強い成分の為、めまいや嘔吐、だるさの症状が出ますが、しばらくしますと落ち着きますの安心してください。